わきがの治療について

わきがとは、腋臭症のことであり、一般的には鉛筆やごぼう、玉ねぎの腐った臭いなどと例えられています。
わきがの原因は腋にあるアポクリン腺出る汗が脂肪分やエクリン腺から出る汗と混ざり、さらにそれが腋毛や皮膚にいる常在菌と混ざり、独特のにおいを発すると言われています。


わきがの一時的な治療法としては腋毛を剃ったり、腋をアルコールで消毒をしたり、A型ボツリヌ毒素製剤を注射したり、制汗剤を使うなどの手段がありますが、制汗剤を使うと、症状が酷い場合、政官財の匂いと混ざりあい、臭いが酷くなる場合があります。

根本的な治療方法は主に剪定法、吸引法、切除法、マイクロウェーブ法が有名です。

剪定法とは腋に切り込みを入れ、わきがの原因であるアポクリン腺をハサミで切り取っていく方法です。

東京のワキガ情報について詳しく解説しております。

吸引法とは剪定法よりも小さな切り込みを入れ、脂肪吸引などに使われる器具を使用し、アポクリン腺を吸い出す方法です。切除法とは腋毛の生えている部分の皮膚を切り取る治療法であり、腋の部分を大きく切り取る為に、皮膚が引き攣るなどの運動障害が残る可能性があります。


マイクロウェーブ法とは、皮膚を切開せずにマイクロウェーブを腋の皮膚表面に照射し、水分を反応させて熱を発生させ、汗腺を破壊する治療法です。一時的でな治療であろうと、根本的な治療であろうと、問題点も少なからずあります。
例え根本的な治療をしようとも患者が若い場合は再発をすることがよくあります。

わきがは規則正しい食生活で幾分か改善されることもあります。


もしわきがに悩んでいるならば肉中心の生活は止め、野菜中心の生活へ変えてみることもお勧めします。



最後に、現代では嫌われているわきがですが、本来はフェロモンとして機能しており、異性を引き付ける、なわばりを主張するために使われていたと言われています。

また、歴史的にはわきがの臭いが異性にとって魅力的であり、かの楊貴妃もわきがであったとも言われています。